ありがとう。〜松果体腫瘍の闘病記〜

19歳で水頭症、そして脳腫瘍を患って入院〜治療〜退院、現在に至るまでを綴っています。

入院中

運命の手術。

投稿日:2016年3月17日 更新日:

手術の前日、藍原先生が病室内へやってきて
「どうだ、緊張してるか?」

僕は
「まぁ、なんとか大丈夫です。」
と見栄っ張りな返事をしたのを覚えてます。

すると先生が口角を上げながら
「そうか、俺はもう緊張してるよ。
だけど俺は全力で集中するからタツも頑張るんだぞ。
明日はよろしく。」

そこで熱い握手を交わしました。

その日の夜は緊張のせいか、
なかなか寝付きが良くなくて
寝たのが0時を過ぎた頃だった気がします。

手術当日。
6:30に目が覚めて、
あと1時間半後には手術室に行くんだと思うと
そわそわして落ち着きがなかったですが、
その辺はあまり表に出さず平然を装うと多少無理してたかもしれないです。

7:00頃に母が朝っぱらからわざわざ駆けつけに来てくれて
7〜8時間はかかるオペだっていうのに…病室で待つとか言ってて。
いつも家事やりながら仕事やりながらで絶対疲れてるはずなのに
その合間を縫ってでもほぼ毎日見舞いに来てくれてたから
本当に本当にありがとう。

手術室へ行く時間になり
ナースさんが誘導のもと手術室前へ

病棟ナースさんから手術部のナースさんに
バトンタッチしてもらい、
手術室前の待合の椅子に座らせられ、名前と生年月日を聞かれ答えました。

今日は何の手術なのかも聞かれ
「頭の中の腫瘍を取る手術です。」
と答えるとナースさんにっこり微笑みながら
「その通りです^^」

いざ手術室に入り、台の上に仰向けにさせられ
気分は問題ないかとか、血圧も測ったりして異常がなさそうなので
「これから人工呼吸器を取り付けます。」と言われ
口を大きく開けて金属の管が入れられ
マスクが装着された途端にだんだん意識が遠のいていく様な…

自分ではここまでしか手術日の記憶がないです。
本当にいろんな方々が私の病気を聞いて
励ましてサポートしてくれてるから
その応援に応えなくちゃなと思い、
手術に挑みました。

ありがとう。

広告1




広告1




-入院中

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − four =

関連記事

脳の『ガン』という宣告

病院で目を覚まして、一晩明けた時のことです。 朝起きると目の前には白衣を纏った男のドクターがいて、 昨日私の緊急処置を行ったことを伝えに来てくれました。 ルームメイトも見舞いに来てくれて、 昨日何があ …

癌の治療方針

女子医に入院した日に 先生から今後の治療方針を聞かされました。 1、腫瘍摘出手術をする前に腫瘍をある程度小さくなるのを見込んで、 化学療法を1クール行う。(ICE療法という、PE療法よりも強力なもの。 …

ガン治療、アメリカ編!

脳外科の主治医がついてくれて、いよいよ治療がスタートです。 「キミが日本に帰国する前に、腫瘍が進行しないように一度ジャブを入れる感じで治療しておこう。」 というドクターフェドーの治療方針でした。 その …

先生に実感させられた、私のガンの重度

無事にアメリカでの治療が終わり、 いよいよ日本へ向かう飛行機に乗ります! しかし、抗がん剤の影響で時間と共に免疫力は徐々に下がってる状態で、 入院中95%ぐらいは寝たきりだったのでとてもじゃないけど …

ICE療法【1クール1日目】※少し閲覧注意※

ICE療法を行う前に 薬剤を投与する点滴の管を腕ではなく胸(中心静脈)に通す必要があります。 なぜなら、腕だと普段動く部分でもあるので 管が劣化しやすく、投与中に強力な薬剤が漏れて皮膚が爛れる恐れがあ …

広告4




プロフィール

<プロフィール>

管理人のタツです^^v

19歳で水頭症→脳腫瘍発覚→入院し抗がん剤・手術・放射線を受けて無事退院。
現在退院から8年目に突入。

治療(整体・鍼灸)のお仕事してます。

唄ったり弾いたり叩いたり
音楽好きです♪
最近だと家庭菜園はじめました!