ありがとう。〜松果体腫瘍の闘病記〜

19歳で水頭症、そして脳腫瘍を患って入院〜治療〜退院、現在に至るまでを綴っています。

入院中

癌の治療方針

投稿日:2016年3月8日 更新日:

女子医に入院した日に
先生から今後の治療方針を聞かされました。

1、腫瘍摘出手術をする前に腫瘍をある程度小さくなるのを見込んで、
化学療法を1クール行う。(ICE療法という、PE療法よりも強力なもの。その分副作用が強い)
2、化学療法後の免疫低下から回復までを待ち、
腫瘍摘出手術をする。
3、放射線治療を役一ヶ月。
4、放射線による副反応=クライシスを予防するために
ICE療法1クール。
5、予防のためにもう一度1クール。
「これらを乗り越えて問題がなければ
1年後には退院できてると思ってください。」

この治療計画の説明してる時のムードが
ほんっとうに深刻、シリアスでした。
他にも違う話をしてくれたんですけど、
それらを聞いて私は
明日生きられるかも分からないから、
一日を大切に生きよう!
と思えました。

そして入院した日に親から
「日記を書いておいた方が
思い出になるし、何かの時に役立つ時も来るから。」
という事で
ノートを一冊受け取りました。

それが今、手元で活躍中です^^

広告1




広告1




-入院中

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 5 =

関連記事

no image

放射線後の内服薬

28日に及ぶ放射線治療を終え、これまで抗がん剤に加え放射線も浴びたので 内臓にも大きな負担がかかり 中でも特に腎臓に影響を及ぼし感染症にかかる可能性もあるので、 バクタ配合錠 という薬を処方されました …

迷いに迷い、決断した女子医大病院!

前記事でお伝えした通り、 女子医の初診時に先生からは相当警告され私は怖くなって震える日々でした。 その後両親と本当にこの先生に任せてもいいのだろうか? と失礼ながら正直迷い… 他の病院の先生にセカンド …

no image

ごあいさつ

はじめまして。 管理人のタツです^^ 私は19歳の時に水頭症にかかり、数十万人に1人かかるかかからないかという 松果体腫瘍(脳腫瘍)を患いました。 退院から数年経った今、私は毎日元気に生きています。 …

no image

目が覚めた時、病院にいた。

私は元々高校を卒業してすぐにアメリカ留学でロサンゼルスへ飛び、 音楽の道を目指すべく音楽学校へ通っていました。 ある日を境に、なんとなく身体のだるさを感じましたが 「寝れば治るだろ」程度にいつもと変わ …

脳の『ガン』という宣告

病院で目を覚まして、一晩明けた時のことです。 朝起きると目の前には白衣を纏った男のドクターがいて、 昨日私の緊急処置を行ったことを伝えに来てくれました。 ルームメイトも見舞いに来てくれて、 昨日何があ …

広告4




プロフィール

<プロフィール>

管理人のタツです^^v

19歳で水頭症→脳腫瘍発覚→入院し抗がん剤・手術・放射線を受けて無事退院。
現在退院から9年目に突入。

治療(整体・鍼灸)のお仕事してます。

唄ったり弾いたり叩いたり
音楽好きです♪
最近だと家庭菜園はじめました!