ありがとう。〜松果体腫瘍の闘病記〜

19歳で水頭症、そして脳腫瘍を患って入院〜治療〜退院、現在に至るまでを綴っています。

入院中

闘病中の小児病棟の子供達^^

投稿日:2016年3月9日 更新日:

主治医の藍原先生は小児を主に担当しているのですが、
私が当時19歳でも引き受けてくれました。
はじめは、小児病棟に入院する予定でしたが
病棟のベッドに空きがない状態で仕方なく
一般病棟に入れられました。
(とはいっても、1フロア違うだけです)

一応区分的には、私は小児の患者なので
病気で闘っているみんなを紹介してあげるよってことで
先生は私を小児病棟まで案内してくれました。

初めて踏み入れる小児病棟。
一般病棟より小児の方が明るい雰囲気でした。
というのも、壁には画用紙を動物の形に切られたのがいくつか貼ってありましたし
デイルームは小さな絵本がちらほらありました。

そして、病室へ入っていきます。
小学生、中学生、2〜3才に見える小さな子供さん、ましてや赤ちゃんまで、年齢は様々です。
自分以外にも闘っている人がいるんだな、先輩がたくさんいるんだなと感じました。
簡単に自己紹介をしあって、
中には来週退院するという同じ松果体腫瘍の女の子がいました♩

するとその子が
辛いけど、粘れば大丈夫です^^
めちゃくちゃ励みになる言葉でした。
親御さんにも頑張ってくださいと言われたし、
本当に元気付けられますね。

小児病棟に来て思ったのが、
必ず親が付き添ってるっていう所が
見て感じ取れました。

親の立場なら当たり前のことかもしれないけど、
子供にとっては本当に支えになりますよね。
家族が助け合うってこと、入院してみて尚更
大事だなぁって思います。

さあ、次回は一回目のICE療法(化学療法)
について書いていきますね!

-入院中

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

nine − 4 =

関連記事

ICE療法【1クール1日目】※少し閲覧注意※

ICE療法を行う前に 薬剤を投与する点滴の管を腕ではなく胸(中心静脈)に通す必要があります。 なぜなら、腕だと普段動く部分でもあるので 管が劣化しやすく、投与中に強力な薬剤が漏れて皮膚が爛れる恐れがあ …

ICE療法【1クール2日目】

ICE療法初日は3種類全部の薬剤だったのに対し、 2日目は2種類なので投与時間は少し短くなります。 けれども、連日の薬剤投与ということもあり 私の場合2日目は身体に異変が起こりました。 吐き気や食欲減 …

no image

これから放射線治療へ!

腫瘍摘出手術から2週間が経つ間に MRI検査や血液検査を受けましたが、 結果を見せてもらうと… ガン(腫瘍)がない! 腫瘍マーカーが陰性化! ※画像がなくて申し訳ないです… 先生は 「腫瘍そのものは摘 …

no image

キツイ!放射線治療1

放射線治療を受ける時は 処置台の上に寝かせられて頭と背中に照射するので 身体が動いてはいけないみたいなんです。 なのでそれを防止するために 身体は台の備え付けのベルトで固定され 頭に関しては事前に 頭 …

手術その後…

今回は術後の容態について書いていきます。 7〜8時間に及ぶ松果体腫瘍の摘出手術が無事に終了し 記憶が断片的ではありますが一度ICU(救急治療室)で目が覚めて 全身麻酔の副作用だと後で聞いて分かったので …




<プロフィール>

管理人のタツです^^v

19歳で水頭症→脳腫瘍発覚→入院し抗がん剤・手術・放射線を受けて無事退院。
現在退院から9年目に突入。

治療(整体・鍼灸)のお仕事してます。

唄ったり弾いたり叩いたり
音楽好きです♪
最近だと家庭菜園はじめました!