ありがとう。〜松果体腫瘍の闘病記〜

19歳で水頭症、そして脳腫瘍を患って入院〜治療〜退院、現在に至るまでを綴っています。

入院中

目が覚めた時、病院にいた。

投稿日:2016年3月3日 更新日:

私は元々高校を卒業してすぐにアメリカ留学でロサンゼルスへ飛び、
音楽の道を目指すべく音楽学校へ通っていました。
ある日を境に、なんとなく身体のだるさを感じましたが
「寝れば治るだろ」程度にいつもと変わらずに毎日を過ごしていました。

しかし、一向にだるさは良くならず
むしろ頭痛を感じ始め、日が経つと共に吐き気、めまいを伴い
鏡を見れば目の焦点が外側へ離れてるという状態(視界が二重に見える=複視)で症状は悪化していました。

さすがに学校も欠席せざるを得なく、
日本に居る親とも相談して、一度帰国して病院で治療をしよう
という話になりました。

当時私はルームシェアをしていて、
体調もままならないのでルームメイトに荷造りを手伝ってもらっていました。
ここまでは記憶があるのですが…

気がつくと私はなぜかベッドの上にいて
周りには大勢のナースさん達が英語で話しながら慌てた様子で
何か作業をしていました。
私はナースさんに
「ここはどこ?」
するとナースさんは私に
「病院よ」
何があったのか憶えていなく、
頭の中は『?』状態でした。

ただ単にその時私は漠然と、
俺は病院のベッドの上にいるんだ
と理解しました。
※ カイザーパーマネンテ ロサンゼルスという病院でした

広告1




広告1




-入院中

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 8 =

関連記事

効果が現れた!(抗がん剤)

身体は多少応えたものの、 ICE療法1クール目が終わり免疫力の回復を待ちました。 まだ免疫が回復しない間は ・お風呂は厳禁 ・食事は生もの、乳製品禁止(納豆、牛乳など) ・部屋から退出厳禁 いろいろ規 …

闘病中の小児病棟の子供達^^

主治医の藍原先生は小児を主に担当しているのですが、 私が当時19歳でも引き受けてくれました。 はじめは、小児病棟に入院する予定でしたが 病棟のベッドに空きがない状態で仕方なく 一般病棟に入れられました …

抗がん剤【2クール目ICE療法】

心と体のリフレッシュを満喫できた10日間の外泊があっという間に終わり、病院へ戻ってきました。 血液検査が行われ、結果の一覧シートをもらい白血球数と腫瘍マーカーの値を真っ先に見ます。 やはり、放射線治療 …

先生に実感させられた、私のガンの重度

無事にアメリカでの治療が終わり、 いよいよ日本へ向かう飛行機に乗ります! しかし、抗がん剤の影響で時間と共に免疫力は徐々に下がってる状態で、 入院中95%ぐらいは寝たきりだったのでとてもじゃないけど …

手術前検査1

手術前に行った検査について 話していきますね^^ 術前1週間の時に またMRI検査をしたのですが、 撮る前に… マーカーという 映像をより鮮明に写し出す効果がある粘着性パッチ (磁気が関係しているとか …

広告4




プロフィール

<プロフィール>

管理人のタツです^^v

19歳で水頭症→脳腫瘍発覚→入院し抗がん剤・手術・放射線を受けて無事退院。
現在退院から8年目に突入。

治療(整体・鍼灸)のお仕事してます。

唄ったり弾いたり叩いたり
音楽好きです♪
最近だと家庭菜園はじめました!