風邪(ふうじゃ)にやられましたw

ここ数年ぶりに割と本格的な風邪にかかってしまいました><

熱は計らなかったので詳しくは分かりませんが
咳と鼻水+倦怠感って感じで1週間近くかかりましたね。

いやぁ、まだ鼻水は出るわ出るわで
ティッシュの消費がハンパないです…

花粉症?かと思ったものの
頭は痛いし食欲はないしだったので

おそらく風邪です。

あれですな、4月だから春の邪気
『風邪(ふうじゃ)』の仕業ですな!

あのう、東洋医学(中医学)では五行色体表というものがありまして
多分一度は聞いたことがあるであろう有名なものが

肝・心・脾・肺・腎
胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦

上の二つをまとめて五臓六腑なんて言い方しますね^^
(昔、そんな名前の焼肉屋さんがありました懐かしいw)

そして、季節を五行色体表で表すと

・夏・長夏・秋・冬

さらに、五気(五悪)を並べると

・暑・湿・燥・寒

もう気づいたかもしれませんが
春に訪れやすいのは風邪(ふうじゃ)という

ククリが一目瞭然かと思います。

これが8月〜9月のジメッとした時ならば
湿邪という名の邪気だったり

真冬の時期ならば
寒邪という邪気に身体を侵されやすくなったり。

これも見る人によっては
「あれ、なんか当たってる気がする笑」

ってなるので中々面白いなぁとは思います僕は♪

ちなみに風邪(ふうじゃ)は陽性の邪気で体の上部を犯しやすく
百病の病とも言われ、遊走性があり、衛気を犯すんだとか。

遊走性というのは一箇所に留まらずに
あちらこちらに移動するっていう感じですね。

衛気というのは体を温める作用を持つ
まぁ簡単にいえばドラゴンボールに出てくる『気』みたいなものかと。

普段馴染みのない人にとって『気』とか聞くと
現実味もないしちょっと宗教染みた感じがして

抵抗感持つ人ももしかしたらいるかもしれません。

まぁ人の心理的にも目に見えない不確かなものには
反発とか反抗というか受け入れ難いものがあるそうです。

そもそも僕も学校で学んだ内容しかほとんど知らないので
あんま先走ったことは言えませんw

でもこの東洋医学も紀元前数千年前から存在してたって
そんな頭脳を持った奴が居たとはむしろ寒気を覚えるくらい

凄すぎる話だと思います(^ ^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です