ありがとう。〜松果体腫瘍の闘病記〜

19歳で水頭症、そして脳腫瘍を患って入院〜治療〜退院、現在に至るまでを綴っています。

入院中

ICE療法【1クール1日目】※少し閲覧注意※

投稿日:2016年3月10日 更新日:

ICE療法を行う前に
薬剤を投与する点滴の管を腕ではなく胸(中心静脈)に通す必要があります。
なぜなら、腕だと普段動く部分でもあるので
管が劣化しやすく、投与中に強力な薬剤が漏れて皮膚が爛れる恐れがあるためです。

それで、胸のカテーテルを通すのに処置室で付けてもらうのですが、
胸周辺を局部麻酔して、体とカテーテルを密着させる必要があるために
皮膚に針を通して糸で結ばれるのでなかなか痛かったです…汗

これでやっとICE療法を受けることができます。

そもそもICE療法とは何か?
Ifosfamide(イホマイド)
Carboplatin(パラプラチン)
Etoposide(ラステット)
という三種類の薬剤の頭文字を取ってICE療法といいます。

ICE療法は三日間に渡り投与が行われました。
化学療法の薬剤の他にブドウ糖液などの栄養剤も同時に投与され、
薬剤がお小水で出しやすくするために行われました。

私の場合投与中はほぼ仰向けの状態で、
家から持ってきたマンガを読み漁ってました。
常に水分が点滴を通して体内に流れ込んでくるため、
小便の回数と量は半端なかったです。
(投与中のお小水はナースさんから尿瓶を渡されるので、そこに用を足す感じですね。)
あと、化学療法を受ける際は病室が個室になるので(免疫力低下するため隔離される)、
ナースさんが最初から最後まで付き添ってくれます。

初日なので、出された病院食は今まで通り
食べることはできました。
けど、少し疲れる感じは投与が終わってからありました…
お風呂も入ることはできないので、
濡らしたタオルで身体を拭く程度ですね。

その夜一日ぐっすり眠ったと、
日記には書いてありました(笑)

広告1




広告1




-入院中

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + one =

関連記事

no image

【サイモントン療法】について

前回までは松果体腫瘍に対して 病院側の治療計画に沿った記事でしたが、 今回はちょっと見方を変えて 自分自身(患者)で行う治療法について書いていきます。 ”サイモントン療法” というものなのですが、 こ …

副作用が来た…放射線治療2

放射線は回数を重ねる度、 髪は焼けて、抜けて、食欲がなくなってきて食べる量が減り なんとなく味覚が変わりました。 ある日、病院食で高野豆腐が出たんですが 口に入れた途端に吐き気がこみ上げる感じがして …

運命の手術。

手術の前日、藍原先生が病室内へやってきて 「どうだ、緊張してるか?」 僕は 「まぁ、なんとか大丈夫です。」 と見栄っ張りな返事をしたのを覚えてます。 すると先生が口角を上げながら 「そうか、俺はもう緊 …

no image

入院最後の抗がん剤!【3クール目】

およそ4週間の時間が経過して2クール目からの免疫力が安定してきたので、いよいよ3クール目に突入します。 さすがにもう3回目なので、流れるがままにして鎖骨下の胸に通すカテーテルの処置をし(やっぱりこれは …

no image

目が覚めた時、病院にいた。

私は元々高校を卒業してすぐにアメリカ留学でロサンゼルスへ飛び、 音楽の道を目指すべく音楽学校へ通っていました。 ある日を境に、なんとなく身体のだるさを感じましたが 「寝れば治るだろ」程度にいつもと変わ …

広告4




プロフィール

<プロフィール>

管理人のタツです^^v

19歳で水頭症→脳腫瘍発覚→入院し抗がん剤・手術・放射線を受けて無事退院。
現在退院から8年目に突入。

治療(整体・鍼灸)のお仕事してます。

唄ったり弾いたり叩いたり
音楽好きです♪
最近だと家庭菜園はじめました!