ありがとう。〜松果体腫瘍の闘病記〜

19歳で水頭症、そして脳腫瘍を患って入院〜治療〜退院、現在に至るまでを綴っています。

入院中

抗がん剤【2クール目ICE療法】

投稿日:2016年3月25日 更新日:

心と体のリフレッシュを満喫できた10日間の外泊があっという間に終わり、病院へ戻ってきました。
血液検査が行われ、結果の一覧シートをもらい白血球数と腫瘍マーカーの値を真っ先に見ます。
やはり、放射線治療で脊髄(背骨)に照射されたので
よっぽど造血機能が弱ってるみたいでした。

一方、一番肝心な腫瘍マーカーの値は
全て正常値まで下がり、陰性化した事が明らかとなりました!
放射線治療の副反応で脊髄液の通り道に腫瘍細胞が散らばる播種が起こってなかったのでホッとしてため息が出ました…
検査結果に異常はないということなので、
2クール目の抗がん剤(ICE療法)に入ります。

鎖骨下の胸から中心静脈に点滴の管を通す処置を行い、(これがまた前回同様痛かったです泣)
これでやっと薬剤投与という流れですね^^

2クール目は1クール目とは身体の応え方が少し変わって、
3日間あるうちの、初日からもうぐったりとダルさが強く出る感じで、
前回は漫画を読みながら投与されてたのですが
今回は何もする気力がなくてひたすらベッドの上で寝てました( ´Д`)
この時点で病院食が食べにくくなり、
わがままなのは承知してますが
親が家のご飯を持ってきてくれてましたm(._.)m

先生が、「恐らく、度重なる薬の投与と放射線の影響で味覚が変わってると思う」
という事でした。
ただ、まだ幸いだったのは
2クール目も吐き気が来なかった事です。
今回も前回と同じように、
サイモントン療法を自分の意識で心掛けてたので
その効果が大きかったのかなと思います^^

-入院中

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

fourteen − 12 =

関連記事

癌の治療方針

女子医に入院した日に 先生から今後の治療方針を聞かされました。 1、腫瘍摘出手術をする前に腫瘍をある程度小さくなるのを見込んで、 化学療法を1クール行う。(ICE療法という、PE療法よりも強力なもの。 …

副作用が来た…放射線治療2

放射線は回数を重ねる度、 髪は焼けて、抜けて、食欲がなくなってきて食べる量が減り なんとなく味覚が変わりました。 ある日、病院食で高野豆腐が出たんですが 口に入れた途端に吐き気がこみ上げる感じがして …

ICE療法【1クール3日目】※感染症注意※

いよいよ、ICE療法1クール目の最終日となりました! 投与する薬剤は2日目と全く同じものですが、3日連続という事もあり、 この日は朝からダルさがあって身体は重い感じがしてキツかったですね… 便秘も続く …

no image

放射線後の内服薬

28日に及ぶ放射線治療を終え、これまで抗がん剤に加え放射線も浴びたので 内臓にも大きな負担がかかり 中でも特に腎臓に影響を及ぼし感染症にかかる可能性もあるので、 バクタ配合錠 という薬を処方されました …

闘病中の小児病棟の子供達^^

主治医の藍原先生は小児を主に担当しているのですが、 私が当時19歳でも引き受けてくれました。 はじめは、小児病棟に入院する予定でしたが 病棟のベッドに空きがない状態で仕方なく 一般病棟に入れられました …




<プロフィール>

管理人のタツです^^v

19歳で水頭症→脳腫瘍発覚→入院し抗がん剤・手術・放射線を受けて無事退院。
現在退院から9年目に突入。

治療(整体・鍼灸)のお仕事してます。

唄ったり弾いたり叩いたり
音楽好きです♪
最近だと家庭菜園はじめました!