ありがとう。〜松果体腫瘍の闘病記〜

19歳で水頭症、そして脳腫瘍を患って入院〜治療〜退院、現在に至るまでを綴っています。

入院中

手術前検査2

投稿日:2016年3月16日 更新日:

術前検査1では頭にマーカーを取り付けた上での
MRI検査を行いました。
今回の2では、
脳血管撮影
というものです。

手術時に、脳内の絶対に切ってはいけない太い血管の場所を把握するために
身体に造影剤を投与して画像を記録する検査
です。
検査は検査着を纏い、T字帯を巻いた状態で
処置室にて行われました。

ベッドに仰向けになり、
右太ももの付け根に麻酔をかけられ…
これがかなりのグサっと来る激痛でして。。。
その付け根部分から動脈に管を入れられ(この最中は麻酔かかってて無痛でした)、
なんと…首元まで管を通されたみたいです。

その位置から造影剤を投与された様で
最初の10秒ぐらいは
やったらと喉がカーッとめらめら熱く感じました。
おそらく脳内に造影剤が周ったところで
画像を撮ったんだと思います。

局部麻酔といえども
私自身はちょっと眠気に襲われてたので、
うろ覚えなところが申し訳ないですm(_ _)m

処置が終わってから6時間は起き上がるの禁止なので
担架で病室まで運ばれベッドで安静にしていました。
安静中に両親が見舞いに来てくれて、
その時に先生から数日後の手術について
説明を受けました。

話によると、術中に人工呼吸器を取り付け外しをする際に
歯が折れてしまうケースも少なからずあるみたいで
ちょっと不安ながらも、頷いて受け入れました。

その他には松果体腫瘍の患者さんの場合、
術後眼球運動がしにくくなる後遺症だとか
それ以外での運動機能の低下が考えられます…
というお話の元、
同意書にサインをして
「手術当日までは体調管理をしっかりするように」
と伝えられました。

手術は本当本当にに不安で緊張はしますが、
何も起こらないようにただひたすら
私は祈るばかりでした。

広告1




広告1




-入院中

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 3 =

関連記事

闘病中の小児病棟の子供達^^

主治医の藍原先生は小児を主に担当しているのですが、 私が当時19歳でも引き受けてくれました。 はじめは、小児病棟に入院する予定でしたが 病棟のベッドに空きがない状態で仕方なく 一般病棟に入れられました …

ICE療法【1クール1日目】※少し閲覧注意※

ICE療法を行う前に 薬剤を投与する点滴の管を腕ではなく胸(中心静脈)に通す必要があります。 なぜなら、腕だと普段動く部分でもあるので 管が劣化しやすく、投与中に強力な薬剤が漏れて皮膚が爛れる恐れがあ …

no image

入院中のリハビリ

抗がん剤2クール目の投与が終わって、 そこから2週間にかけて免疫力が下がり また2週間で回復を待ちっていう感じでした。 ただ今回の待ち時間(約4週間)では 身体が少しでも衰えないように軽く筋トレをした …

手術その後…

今回は術後の容態について書いていきます。 7〜8時間に及ぶ松果体腫瘍の摘出手術が無事に終了し 記憶が断片的ではありますが一度ICU(救急治療室)で目が覚めて 全身麻酔の副作用だと後で聞いて分かったので …

no image

キツイ!放射線治療1

放射線治療を受ける時は 処置台の上に寝かせられて頭と背中に照射するので 身体が動いてはいけないみたいなんです。 なのでそれを防止するために 身体は台の備え付けのベルトで固定され 頭に関しては事前に 頭 …

広告4




プロフィール

<プロフィール>

管理人のタツです^^v

19歳で水頭症→脳腫瘍発覚→入院し抗がん剤・手術・放射線を受けて無事退院。
現在退院から8年目に突入。

治療(整体・鍼灸)のお仕事してます。

唄ったり弾いたり叩いたり
音楽好きです♪
最近だと家庭菜園はじめました!